分解システム
特注対応
代表的な特注対応例はこちら

分解システム



IKA AOD 1分解システムは固体及び液体サンプルの高圧酸化分解用の装置です。

吸収液は、分解槽というハロゲン(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)及び硫酸収集される部位に配置されます。硫黄、ハロゲンの正確な定量分析は、イオンクロマトグラフ、ISE、測光装置や滴定装置を使用して分析することができます。

圧力容器の材質は塩素に強いハイグレードステンレススチールを使用しています。

分解容器の内側の壁には、特別な自己再生触媒表壁が使用されており、98-100%までの非常に高い回収率を誇り、分解時間は2〜3分(一般的な処理時間)で処理されます。

分解法は、以下の規格に準拠しています:
DIN 51727, DIN EN 14582, EPA Method 5050, ASTM D808, ASTM E775, ASTM E776, ASTM D3761, ASTM D4208